そろそろマイクラブが欲しい。そう思っていろいろと調べると、たくさんのメーカーからたくさんのゴルフクラブが発売されていますよね。

 

ほとんどどれもが「飛ぶ」「曲がらない」と、大々的にPRしています。でも、本当に飛んで曲がらないのか?不安になりませんか?

 

そこで、ここでは初心者にお薦めのアイアンを人気ランキングで、しかもゴルフクラブを選ぶ際に注意するべきことも含めてご案内します。

 

ただし、あくまで「初心者にお薦めのアイアンのランキング」ですので、一般的な人気アイアンランキングとは少し異なっていることをご理解くださいね。

アイアンのコンセプトは2種類

現在、売られているアイアンを大別すると2種類に分けられます。

 

まずはコンベンショナルアイアンといって、技術がある中級者や上級者が、狙った距離だけ打ちたいアイアン、少なくとも距離をオーバーさせたくないアイアンです。

 

したがって、バックスピンがかかりやすく、必要以上に弾かないスチールシャフトを使用しているのが一般的です。

もうひとつは飛び系アイアンといって、飛距離を追求したアイアンです。

 

今までよりも1番手から2番手飛距離が伸び、今まで5番アイアンで打っていた距離を7番アイアンで打てることになりますので、結果的にゴルフがやさしくなるアイアンです。

 

そしてスイートエリアも広く設計されていますので、芯を外しても飛距離の落ち込みが少ないものが多いです。

キャビティバックとマッスルバック

キャビティバックとはアイアンのヘッドの裏側がえぐられて下の方が厚くなっている形状のヘッドを持つアイアンです。

 

この形状によって、重心位置が下に下がり「低重心」と呼ばれるアイアンになるわけです。

 

低重心とすることによって、ボールの下半分に重心が来るので、ボールが上がりやすいという特徴があります。

 

キャビティバックの中にはポケットキャビティと呼ばれる仲間もいて、こちらは後方膨らんだ部分にU字型に深く溝を入れて、低重心に加えて深重心にもなりますのでよりボールが上がりやすくなります。

 

マッスルバックアイアンとはヘッドの裏側、下半分ががわずかに膨らんでいるような形状のものです。

 

重心位置がキャビティバックほど低くないのでボールの斜め上からヘッドを入れてボールをつぶすように打ってバックスピンをかけながら狙った距離だけ打つアイアンです。

 

金属の塊から出来ていますので、打感が柔らかいのが特徴です。

初心者に人気のアイアンランキング

元々やさしいゴルフクラブ作りから始まったメーカーには、やはりやさしいアイアンが多いです。

 

ここではアイアン人気ランキングから、構えた時の「打てそう」という安心感、低重心、芯の広さ、コストパフォーマンス、そして持つことのカッコよさ、の5項目を満たすアイアンをピックアップしました。

第1位.キャロウェイ STEELHEAD XR

大きめのヘッドと、シャフトをヘッドに貫通させるスルーボア構造の採用によってさらに低重心化し、トウとヒール側に振り分けたことで有効打点エリアも拡がった、見た目のシャープさとは裏腹なやさしさを持ったアイアンです。

 

また、このモデルからアイアンにもカップフェース構造を持ち込みました。

 

これは通常、ヘッドの外形を作ったのち、表面にフェース素材を溶接で取り付けるのですが、これだと溶接面が微妙に肉厚になるため、フェースの反発エリアが狭くなるという問題がありました。

 

キャロウェイの360カップフェースは、フェース回りをぐるりとカップ状にして溶接面をヘッド本体側にすることで反発エリアを広げた構造にしました。

 

この効果で、多少芯を外しても飛距離が落ちないアイアンになったわけです。

第2位.キャロウェイ ROGUE STAR

昨年発売の、飛び系アイアンです。

 

大きめのヘッドとソールにタングステンウェイトを埋め込み低重心化を図るとともに、ウレタンの中に超微細な気泡を混ぜ込んだ「ウレタン・マイクロスフィアテクノロジー」の採用により柔らかな打感も実現したアイアンです。

 

決して初心者用ではありませんが、やさしく飛距離が稼げるアイアンになっています。

第3位.キャロウェイ GBB EPIC STAR

やや大きめのヘッド、トップラインが厚めでしかもオフセットも強めなので、構えた時の安心感が大きいアイアンです。

 

360カップフェースをはじめとして、ウッド系で大評判の「ジェイルブレイク」構造に似た、ヘッド裏側を上下につないでボディ強度を高めてインパクトエネルギーをフェースに集中させる構造など、キャロウェイの飛ばしのノウハウを詰め込んでおり、レベルを問わずやさしく飛ばせるアイアンになっています。

第4位.ピン Gアイアン

面長のフェースと厚いソールを持つポケットキャビティです。

 

深・低重心化を実現した、フェース全体で大きなたわみ効果を発揮することでボール初速を上げる工夫が施された、全レベルのゴルファーが使いやすいアイアンです。

第5位.コブラF9 ワンレングスアイアン

すべてのクラブが7番アイアンの長さで統一された、画期的なアイアンです。

 

4番から6番まではソール幅を厚くして、比重が重いタングステンをトウとヒールに振り分けて埋め込むことで低重心化と高慣性モーメントを実現してやさしくして、すべてのクラブが7番と同じタイミングで振れます。

 

7番さえしっかりと練習すれば、他のアイアンも同じに振れるというのはやはり安心感が大きいです。

第6位.ヤマハ INPRES UD+2

ヤマハから発売されている「2番手上の飛び」を標榜する飛び系アイアンです。ユーティリティのような厚いソールと大きいヘッドにフェースの一部をソール側にまで拡大した「広域反発フェース」を搭載したポケットキャビティアイアンです。

 

クラブの重心を、フェースセンターに近づけることで、ミスヒットの確率を減らしています。徹底した低重心でボールにコンタクトしやすく、打点が少しズレても曲がらずに飛んで行きます。

 

必要以上のたわみを抑制する「チップウェイトテクノロジー」をシャフトに施してさらなる反発力を発揮させます。

 

グース(シャフトの中心よりもフェースが後ろ側にあること)の度合いが少し強いので、抵抗がある人もいるかもしれませんが、その分、若干振り遅れてもしっかりボールを拾えますので間違いなくやさしく飛ばせるアイアンになっています。

第7位.ホンマ Be ZEAL 535

人気女子プロゴルファーイ・ボミ選手をイメージキャラクターにしたホンマのアベレージ向けブランド「BEZEAL」から535アイアンです。

 

新素材のチタンフェースは従来品に比べて約1ミリ薄くなり反発性能が向上、これをヘッドの4か所に入れたスリットが助ける機能でボールヒット時の反発力を高めたポケットキャビティアイアンです。

 

厚めのトップブレードが安心感を与えるやや面長フェースです。やや面長である以外、とてもスッキリまとまった顔立ちですので、長く使えるアイアンだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。えっ、知らない、というアイアンもあったかと思います。

 

総じていえるのは明らかに初心者用の別ブランドではなくても、メーカーのフラッグシップ(代表)モデルでありながら初心者でも十分に打ちこなせるアイアンがあるということがお分かりいただけると思います。

ここで、注目すべきはホンマ、ヤマハに比べてキャロウェイ、ピン、プーマコブラはメーカーを代表するフラッグシップモデルがエントリーされているということです。

 

これは創業当時から、ひたすらやさしいアイアンを作り続けてきたメーカーだからこそ当然の結果という事が言えます。

 

何より、キャディバッグに入っていると、カッコいいです。