初心者がゴルフクラブ、アイアンを選ぶ時にはキャビティバックアイアンが良いとよく言われます。

 

キャビティバックアイアンは重心が低く、ソールも厚いのでとても打ちやすいクラブですが、ひとことでキャビティバックアイアンといっても実はいくつか種類があります。

 

ここではその種類と、初心者に本当に向いているアイアンをお教えします。

キャビティバックとは?

キャビティとは英語で穴・へこみを意味するように、アイアンのヘッドの裏側の、中心部を薄く、下方ソール側を厚くして凸凹している形状のことで、その形状を持つアイアンを「キャビティバック・アイアン」と呼びます。

キャビティバックの利点は?

キャビティの効果は重心位置を低くすることができることにあります。

 

一般的に、地面に置いたボールを水平に半分に切った切り口を「赤道」に例えて、その赤道よりも下側を打つことでボールにバックスピンがかって浮力が生じてボールは高く遠くへ飛びます。

 

キャビティバックアイアンが発明されるまでは、アイアンはどれも薄く、重心位置も高いものでした。

 

したがって、そんなアイアンでボールを上げるにはボールの斜め上からヘッドを入れて、ボールの先の芝を削り取るような打ち方を余儀なくされていました。

 

それが「ダウンブロー」という打ち方です。

 

しかし、この打ち方はだれでもすぐに出来る打ち方ではなく、アマチュアも日夜練習に励んでいました。

 

そんな時代に、もっと簡単に打てるアイアンを作ろうと取り組んだのが、最初から重心位置を低くすることで、だれもが普通に振ればボールの赤道下を打つことができるヘッドを実用化することでした。

 

この分野において、さきがけとなったのは「キャロウェイゴルフ」と「ピンゴルフ」でした。

スルーボアアイアンとは?

キャロウェイゴルフはキャビティバックにするだけではなく、さらに重心位置を低くするために、シャフトを挿すための補強部分であるホーゼルをなくして、その分、シャフトをヘッドを貫通させる設計にしました。

 

これを「スルーボア」と呼びます。

 

こうすることでグッと重心が低いアイアンが完成します。ピンゴルフも同じ発想で「スルーボア」アイアンを完成させます。

 

その後、比重が軽くて強靭な「チタニウム」という金属が広く使われるようになり、これをフェース面に使用することで、反発力が高いけれども軽いために低重心効果がさらに高くなったヘッドが登場しました。

ポケットキャビティとは?

キャビティバックから派生した形状にキャビティ部分の内部を削ってポケットを設けた「ポケットキャビティ」があります。

 

これは低重心に加えて重心が深くなる効果が得られ、ボールへの反発力が高くなります。

 

こうして今日ではキャビティバックアイアンといっても「キャビティ」「ポケットキャビティ」の2種類が存在しています。

おすすめのキャビティバックは?

毎日何百球もボールが打てる環境ではなく、少ない練習時間でもとりあえず真っすぐ、遠くへ飛ばしたいという初心者にはポケットキャビティのアイアンをおすすめします。

 

さらに最近ではこのポケットの中に弾性が高い素材を封入することにより、ソフトな打感とボールへの反発力を高めたものも発売されています。

オーソドックスなポケットキャビティ

オーソドックスな顔つきながら、やさしく打てて、ポケットキャビティのえぐれた部分に高弾性素材を封入した「キャロウェイ・エピックスターアイアン」、「ピンi200、i210アイアン」はいかがでしょうか。

新品では予算オーバーという場合にはキャロウェイゴルフ、ピンの古い年式のものでも、もともとやさしいクラブ作りからスタートしているメーカーですので大きなハズレはないと思います。

 

キャロウェイでは「ローグアイアン」「XRアイアン」もやさしく飛ばせますし、ピンからは「G400アイアン」をおすすめします。

むずかしいクラブを必死に練習してものにした時の満足感も大切ですが、なによりまずはやさしく打てるアイアンで練習して、スイングの基本を早く習得する方が、楽しくゴルフが出来ると思います。