そろそろ自分のクラブセット欲しいなぁ・・・

 

でもいざゴルフショップに行ってみると、いろんなメーカーがあって何を選んでいいのか分からなくなってしまった。

 

そんな経験はありませんか?

 

特にアイアンは同じメーカーでも全然違うモデルが複数出ていたり、初心者が一人で選ぶには少しハードルが高いです。

 

しかし、正直なところ、ゴルフクラブのテクノロジーの成長したことで、「初心者にはこのメーカー」というものはありません。

 

初心者を含めた幅広い層に向けたモデルを展開しているメーカーを選択することが後悔しないアイアンの選び方の第一歩です。

 

あなたが好きなプロゴルファーと同じメーカーを選んだり、商品コンセプトに共感できるメーカーで選んでも問題ありません。

 

自分の好きなメーカーのアイアンを使っているほうが、今後の自分のゴルフ上達へのモチベーションが上がるのは当然ですよね。

 

そこで、この記事ではゴルフ初心者の為に

✓主なアイアンメーカー
✓初心者におすすめのメーカーとそれぞれの特徴

をご紹介します。

 

5分ほどで読めて、主要メーカーの特徴を知ることができるので、ぜひご一読ください。

主なゴルフメーカー

まずは、どのようなゴルフメーカーがあるか確認しておきましょう。

海外メーカー

・テーラーメイド
斬新なデザインが特徴的なプロ使用率も非常に高い

・キャロウェイ
海外メーカーながら、日本での販売に非常に力を入れている

・ピン
日本での知名度は高くないが、徹底的にアマチュア目線にこだわる老舗

・タイトリスト
プロ使用率NO.1のゴルフボールが有名。

・ダンロップ
スリクソンとゼクシオという2ブランドを展開している。日本での年配層のゼクシオ人気は絶大

国内メーカー

・ブリジストン
タイヤ製造で培った技術を使って、幅広い層をターゲットにした商品を展開

・ヤマハ
楽器やバイクで有名なメーカー。世界初カーボンコンポジットヘッドによりゴルフ界で有名に。

・本間
初心者からアスリートまで幅広いモデルを展開している国内の老舗メーカー

・ミズノ
国内最高級のスポーツ器具メーカー。マッスルバックアイアンのアスリートゴルファーからの信頼は絶大。

・ヨネックス
テニスやバドミントンのラケットで有名なメーカー。得意のカーボン加工技術でゴルフクラブを開発。

初心者におすすめのメーカー

ここからは初心者向けのモデルも展開しているメーカーをご紹介します。

 

簡単な歴史や契約しているプロゴルファーも載せていますので、あなたのアイアン選択の一助になれば幸いです。

キャロウェイ

1982年にアメリカで創業されたゴルフクラブメーカーです。

 

海外のメーカーにも拘わらず、キャロウェイが製造するゴルフクラブの約40%が日本で販売されています。

 

それだけ日本市場に力を入れているという事ですね。

 

商品ラインナップも非常に多く、初心者向けのモデルも展開されています。

 

「ゴルフ初心者の8割はスライスに悩んでいる」と言われています。

 

キャロウェイがスライスに強いクラブメーカーとして知られていることも、初心者ゴルファーにおすすめしたい理由の一つです。

契約プロ
  • 石川遼(日本男子ツアー最年少賞金王)
  • 上田桃子(2007年日本女子ツアー賞金女王)
  • フィル・ミケルソン(PGAツアー生涯獲得賞金歴代2位)

テーラーメイド

1979年のアメリカで創業を開始した老舗メーカー。

 

大手スポーツ用品メーカーの「アディダス」のゴルフ部門として運営されていました。

 

上級者から初心者まで幅広いニーズに対応したモデルを展開していて、白いヘッドのドライバーなど斬新なデザインや革新的な技術でゴルフ界をリードしています。

 

キャロウェイと同様に、海外メーカーでありながら日本国内専用モデルを開発するなど、日本市場への本気度がうかがえますね。

 

ツアープロからの支持率も高く、世界ランク10位以内の選手の内8名がテーラーメイド制のクラブを使用していたことも。

契約プロ
  • ダスティン・ジョンソン(PGAツアー通算20勝)
  • ローリー・マキロイ(世界ランキング2位)
  • ジェイソン・デイ(ツアー通算16勝元世界ランキング1位)

ピン

先に紹介した2大ブランドに比べると知名度は低いですが、実は歴史は一番古い老舗ゴルフメーカーです。

 

ツアープロに合わせて最新モデルを開発していくメーカーが多い中、ピンは徹底的にアマチュア目線で開発していくところが特徴。

 

ドライバーからパターに至るまで、公認フィッターと呼ばれる専門のアドバイザーと一緒に、オリジナルのオーダーメイドクラブを作ることができます。

 

ヘッド種類、ライ角、シャフトからグリップにいたるまで、自分のスイングレベルや癖に合ったクラブをプロが合わせてくれるので、クラブに知識がない人にもおすすめです。

契約プロ
  • バッバ・ワトソン(マスターズ優勝2回)
  • トミー・フィナウ(PGAツアー屈指の飛ばし屋、世界ランク12位)
  • 鈴木愛(2017年日本女子ツアー賞金女王)

まとめ

ゴルフクラブ開発の技術の進化によって、各メーカーごとの性能差は少なくなっていますので、特に初心者は絶対このメーカーが良いというものありません。

 

初心者向けを含めた幅広いラインナップのメーカーのアイアンを選べば失敗する可能性は低くなるでしょう。

 

メーカーごとの性能差があまりないからこそ、アイアンのメーカー選びに関しては、

 

「石川遼君がキャロウェイを使っているから」とか「ピンのオーダーメイドってなんかすごくお得な気がする」のような直感で選んでも問題ないのです。

 

初心者がアイアンメーカーを選ぶときは

  • 初心者向けモデルのラインナップがあるメーカー
  • 自分の直感で好きなメーカー

この2点を意識して、納得できるアイアンを購入しましょう。