ゴルフ初心者のみなさん、コースでティーショットを打つとき考えていることがありますか。

 

何も考えずにティーを刺してる方が多いかもしれません。

 

しかしティーの高さを少し変えるだけで、ナイスショットが増えるかもしれません。また、常に同じ高さにすることでミスが減ります。

 

この記事ではティーの大切さを説明していきます。

ティーによる打球の違い

ティーの高さが違うことで打球に大きな違いが出てきます。その違いを理解していると、自分の欠点を補ってくれます。

 

また、自分の強みを生かすこともできます。ここではティーの高さによる打球の違いを紹介します。

弾道

まずわかりやすいのは弾道の違いです。ティーが高くなれば高い弾道、低くなれば低い弾道になります。

 

ドライバーは高弾道のほうが飛距離が出ると言われています。打ちたい弾道に合わせてティーの高さを変えましょう。

スピン量

次に影響が大きいのがスピン量です。スピン量とは飛んでいるボールの回転数です。ボールは回転することで空気抵抗による浮力が高く飛んでいきます。

 

スピン量が多いほど高く飛ぶようになっています。スピン量もティーの高さで調整することができます。ティーが高いとスピン量が減り、低くするとスピン量が増えます。

 

ドライバーのスピン量は2200~2500回転/分くらいが最適とされています。スピン量が適正になるようにティーの高さで調整ができます。

打球方向

最後に打球方向の違いです。ティーが高いと左に、低いと右に飛びやすい傾向があります。

 

ティーが高い方がアッパーブローが強くなりフェースが返りやすくつかまったボールが打ちやすいのが一因です。自分の打球の癖やその日のミスの出方でティーの調整をするのも一つの方法です。

ティーの高さの目安

ティーの高さにどんな影響があるか説明しました。しかし基準がないと高い低いがわかりません。

 

また、ティーショットはドライバーだけとは限りません。ここではクラブの種類別でティーの高さの目安、基準を紹介します。

ドライバー

まずは1番使うドライバーからです。ドライバーの基準は自信のドライバーのヘッドの大きさによって変わります。

 

地面においてアドレスしたときドライバーのヘッドの上部がボールの真ん中に来るのが基準です。後ろから見るとヘッドの上にボールが半分見えているのが理想です。

フェアウェイウッド・ユーティリティー

続いてフェアウェイウッドとユーティリティーです。少し長いPAR3や横幅の狭いホールで使う方が多いと思います。

 

フェアウェイウッドの場合はヘッドからボールが3分の1から半分ほど出る位置が目安です。ユーティリティーはそれよりも若干低くともいいかもしれません。

ミドルアイアン

PAR3でよく使うミドルアイアンは地面から1センチ以下、ボールが芝から少し浮く程度が基準です。初心者の方はよくアイアンのティーが高すぎることがあります。ボールを上げたい意識が強いことが原因です。

 

アイアンはティーを高くするほど難しくなります。基準に合わせてティーアップできるようにしましょう。

ショートアイアン

最後に短いPAR3で使うショートアイアンです。ショートアイアンは地面から1~2ミリ、ボールが芝に沈んでいなければ大丈夫です。ショートアイアンはティーアップで地面より浮かせる必要がありません。

 

ショートアイアンのティーアップには打つときに芝が邪魔になるのを防ぐ効果があります。そのため高くするよりは芝が邪魔にならないようにすることが大切です。

ティーの高さの決め方

ここまででティーの高さのことがわかったと思います。では次に自分にあった高さを見つけてください。

高いのがあってる人

インサイドアウトのスイングの人

スイングの軌道が体に近いところから出てくる人は高い方があっています。インサイドアウトは下からスイングするのでダフリやすい傾向があります。

 

またアッパーブローが自然とできている人が多いです。そのためティーを高くすることでダフリを抑えアッパーブローで打つことができます。

打球が途中で吹き上がる人

打球が途中から上昇していき飛距離をロスしている人はティーを高くしましょう、吹き上がりの原因はスピン量が多すぎることです。

 

ティーを高くすることでスピン量が抑えられるので吹き上がらず飛距離が伸びます。

天ぷらが多い人

高く上がりすぎてすぐ近くにボールが落ちる天ぷらが多い人もティーを高くしましょう。

 

天ぷらはダウンブローでボールの下側を打っていることが原因です。ティーを高くすることで横振りの意識が生まれるのでアッパーブローで打ちやすくなります。

低いのがあってる人

あおり打ちの人

あおり打ちの人は低い方があっています。あおり打ちとは体重が後ろ側に残ってしまい、後ろの方が下がるスイングのことです。

 

あおり打ちの人はティーを高くすると余計にあおり打ちになるので、ティーを低くして少し上から打つイメージを持つ方がいいショットにつながります。

打球が途中で失速する人

打球が途中で失速しお辞儀するような人はティーを低くしましょう。お辞儀する弾道は回転数不足が原因です。

 

スピン量が少ないと空気抵抗が大きくなってしまうので注意しましょう。

おすすめのティー

最後におすすめのティーを紹介します。ティーを選ぶ際に私が意識しているのは同じ高さでティーがさせることと耐久性です。以上2点からおすすめは以下の2種類です。

ロングティー

おすすめの理由はまず段があり常に同じ高さで刺すことができます。また、その段を調整することができます。最大で1センチ調整が可能です。

 

調子に合わせて微調整ができるのはとても便利です。また耐久性にも優れています。10ラウンド以上使っていますがまだ1本も折れていません。

 

以上の点から非常におすすめです。

ショートティー

ショートティーのおすすめはスリム美人のショートティーです。色が3種類あります(黒、白、ピンク)。値段が安く耐久性があることが決め手です。

 

ショートティーに関してはクラブによって高さを変えるので段がないものを選んでいます。

さいごに

初めはなかなか意識しづらいティーですが、実は打つ前から結果に大きくかかわる大事なものです。

 

初心者の方は次のラウンドから是非意識してみてください。もしかしたら簡単にベストスコアが出るかもしれませんよ。