朝イチのティーショットで、大きなスライスからのいきなりOB。

 

こういう出だしだったらガックリしてしまいますよね。この後のラウンドにも大きな影響を与えてしまします。

 

今回は、そうならないためにドライバーでのスライスの原因と改善策をお教えします。

スライスの原因

まず、スライスの原因はフェースが開いたままボールを打っているということです。いわゆる、カット打ちと言われているものです。

 

よく言われるスライスの改善方法は、アウトサイドインを直す。振り遅れないようにする。肩が開かないようにする。ストロンググリップにするなどが言われています。

 

それらに加えて、クラブもスライスを改善するのに必要だと思っています。それでは順番にスライス改善方法を説明していきたいと思います。

スライスになるスイング

まず、スイングから説明します。スライスになる典型的なスイングは、振り遅れたアウトサイドインのスイングです。

振り遅れとは

振り遅れは、肩や胸がボールを打つ前に、ターゲット方向に体が向いてしまっていることです。

 

ゴルフのスイングの基本は両肩の間にクラブが収まっていて、ボールを打つときに胸がボールの方を向いていることです。アドレスでもそういう風に構えているはずです。

 

体はターゲット方向に向いて、でも手は両肩の間から外れて付いてきていない。こうなってしまうと、フェースは開いた状態になります。この体勢で開いたフェースを急激に戻すのは困難です。

 

この振り遅れはもちろんアイアンでも起こるのですが、よりクラブが長いドライバーの方が起こりやすく、しかも大きなスライスを招きます。

アウトサイドインのスイングとは

アウトサイドインは、ボールに対して外から内を通り抜けるスイング軌道で、フェースはスクウェアでも軌道がカットになっているためスライスになります。

 

一見綺麗なスイングでスライスになる場合は、右の力が強すぎて、フォロースルーで内に引っ張りすぎて、その結果アウトサイドインになったりします。

 

スライスするかもしくはそのまま左に飛んで行ったりします。

 

インサイドアウトでもアウトサイドインでも、スイング軌道はスクウェアから3度以内が理想です。5度以上は、チーピンやスライスになる危険があります。

 

特に身長が低いゴルファーの方の場合、スイング軌道が横振りに近くなり、インサイド・アウトサイドの入りが強くなる傾向にあります。

 

ゴルフはクラブの長さが決まっているため、背が高い方の方が垂直に近い角度でクラブを振りおろすことができ、結果真っすぐボールを打つことが容易になります。

振り遅れ、アウトサイドインにならないスイング

振り遅れ、アウトサイドインにならないためには、左手でスイングすることが大事です。

 

ドライバーの場合、ボールは左肩の正面辺りに置くので、左手でなければ真っ直ぐ振り抜くことができません。右手で左肩の前にあるボールを真っ直ぐ打つことはできません。どうしても体が開いてしまいます。

 

左手でスイング、右手は添えるだけ。よく聞くと思いますが、こういうことです。

 

スイングが改善されて、しっかりとボールを捕まえられるようになると、ビックリするほど打感が変わります。カット打ちだと、ボールはフェースの上を滑って行くので、打感は軽いです。

 

しかしボールを捕まえられると、物凄く重く感じます。止まっているボールのはずなのに、押し戻されるように感じるぐらいです。

 

アイアンでも捕まえられると重く感じるようになりますが、ドライバーの方がより感じることができます。

 

スライサーの方がこのボールの重さを感じられるようになれば、スライスからの卒業は間近です。

クラブでスライスを防ぐ方法

アイアンと違ってドライバーは調整機能がついたモデルが殆どになりました。

 

しかし2018年ぐらいからのドライバーは調整機能がなかったり、調整機能を限定しているものが目立つようになりました。

 

これは、調整機能がいくらついていても、ベースのヘッド設計を覆すことができないのが浸透したからだと思います。

 

基本設計がスライサーように作られたドライバーヘッドはいくら調整してもフッカーが使えるモデルには変わらないということです。

 

あと、調整機能をやりつくして、ブームが落ち着いたということも言えるかもしれません。

スライサーに向いているドライバーは?

調整機能がついているからと言って、全てのゴルファーに合うドライバーはまだ完成していないのです。

 

スライサーの方がドライバーを選ぶときはスライサー用の捕まりがいいと宣伝しているクラブにしてください。

 

もし捕まりすぎて、左に飛ぶ場合に、調整機能を使って、重心距離を長くしてください。長くすれば、捕まりを抑えることができます。

 

もし調整機能が付いていないドライバーの場合は、調整用の鉛を売っているのでそれを張って調整してみてください。今でもプロがよくクラブに張って調整しています。

シャフトで調整

シャフトも少し柔らかいものにしてください。先調子、元調子というようなシャフトの特性も大事ですが、そもそものシャフトの硬さの方が重要です。

 

シャフトの逆しなりを発生させないとボールを上手く捕まえることができません。硬さを合わせた上で、自分のスイングに合った調子のシャフトを選んでください。

 

最後に、初心者の方は特に緊張する朝イチのティーショットのアドバイスをしたいと思います。

 

朝、大変かとは思いますがどこかの練習場でボールを打ってください。30球ぐらいで構いません。打っていれば、その日の球筋、曲がり幅が分かります。打っていればティーショットのときの緊張もかなり軽減されます。

 

誰かと乗り合わせて練習に行けないのであれば、ストレッチを入念にしてください。そしてティーショットの前に、アイアンを2、3本まとめて握って素振りしてください。

 

重いクラブでゆっくり大きく振ると大きな筋肉を使うことになります。大きな筋肉がほぐれて、動き出すと体もスムーズに動き始めます。

まとめ

最後に、ティーショットを6割ぐらいの力で打つ。力むのは絶対ダメです。グリップを緩く持ったままスイングしてください。きっとスライスせず、真っ直ぐボールが飛んで行きますよ。